不動産投資まとめ

不動産投資に関する情報を中心に不動産全般のニュースをまとめます。

    カテゴリ: 不動産投資

    yun_6717
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/03/15(水) 07:55:52.84 ID:CAP_USER9
    「絶対ホテル直行やん」
    「泊まりとかなっても、ヒャクパー(100%)せぇへん」
    「包茎、臭いから?」

    ──関西弁の若い女性2人による、ちょっと赤裸々すぎる下ネタトーク。
    これが大手不動産情報サイト「SUUMO」(関西版)にアップされた物件紹介動画の音声なのだから、穏やかではない。

    動画は、大阪府豊中市にある何の変哲もない3階建て一軒家を紹介したもの。
    廊下、洗面所、室内の収納などを1階から順に映していき、見た人はネット上で物件を“内覧”できるサービスだ。

    下ネタトークの音声は、スマホで内覧動画を撮影していた女性スタッフが、
    同時並行でスピーカー機能を使って友人女性と電話をしていたために拾われたものと思われる。

    最初は実家を出るか出ないかといった穏当な会話なのだが、2階の畳部屋に入るあたりから内容はエスカレート。
    動画を撮影中の女性が「男見つけたらいいやん」「絶対ホテル直行やん。爆発やな」と盛り上げ、
    挙げ句は冒頭のように電話相手の女性の高校の先輩男性が「包茎」であることにまで話題は及んだ。

    思わぬかたちで流出した“女子のホンネ”は、ネット上で「包茎臭い動画」として拡散され、大炎上。なぜこんなことになったのか。

    実はこの内覧動画サービスは各地の不動産会社がSUUMOから枠を買ってアップするもの。
    今回の動画を撮影していたのはSUUMOのスタッフではなく、大阪府吹田市の不動産会社D社の社員だった。

    D社を直撃すると、「音声はうちの社員の声で、アップする際の消し忘れです。申し訳ありません。本人もショックなのか今日は会社を休んでおりまして……」と平謝り。
    炎上を受け、3月6日に動画はHPから削除された。SUUMOを運営するリクルート住まいカンパニー広報担当の説明。

    「動画は公序良俗に反しないものと取り決めているが、500万件以上ある物件動画をすべて人力でチェックするのは難しいのが現状」

    ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこういう。
    「リクルート側にも、物件を売りたい不動産屋のつくる動画だからおかしなものはないだろうという油断があったのでしょう。
    まあ、まさか包茎の話をアップする不動産屋が出てくるとは誰も考えつきませんからね(苦笑)」

    一番の被害者は、思わぬかたちで“事故物件”となってしまった動画に出てくる一軒家の持ち主か。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170314_501006.html

    映像
    https://youtu.be/zW1eA5ui1lQ?t=205


    【【動画】SUUMO物件紹介動画に「包茎臭い」などの音声が入り炎上!不動産会社謝罪(3)⇒】の続きを読む

    yun_6717
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/03/15(水) 07:55:52.84 ID:CAP_USER9
    「絶対ホテル直行やん」
    「泊まりとかなっても、ヒャクパー(100%)せぇへん」
    「包茎、臭いから?」

    ──関西弁の若い女性2人による、ちょっと赤裸々すぎる下ネタトーク。
    これが大手不動産情報サイト「SUUMO」(関西版)にアップされた物件紹介動画の音声なのだから、穏やかではない。

    動画は、大阪府豊中市にある何の変哲もない3階建て一軒家を紹介したもの。
    廊下、洗面所、室内の収納などを1階から順に映していき、見た人はネット上で物件を“内覧”できるサービスだ。

    下ネタトークの音声は、スマホで内覧動画を撮影していた女性スタッフが、
    同時並行でスピーカー機能を使って友人女性と電話をしていたために拾われたものと思われる。

    最初は実家を出るか出ないかといった穏当な会話なのだが、2階の畳部屋に入るあたりから内容はエスカレート。
    動画を撮影中の女性が「男見つけたらいいやん」「絶対ホテル直行やん。爆発やな」と盛り上げ、
    挙げ句は冒頭のように電話相手の女性の高校の先輩男性が「包茎」であることにまで話題は及んだ。

    思わぬかたちで流出した“女子のホンネ”は、ネット上で「包茎臭い動画」として拡散され、大炎上。なぜこんなことになったのか。

    実はこの内覧動画サービスは各地の不動産会社がSUUMOから枠を買ってアップするもの。
    今回の動画を撮影していたのはSUUMOのスタッフではなく、大阪府吹田市の不動産会社D社の社員だった。

    D社を直撃すると、「音声はうちの社員の声で、アップする際の消し忘れです。申し訳ありません。本人もショックなのか今日は会社を休んでおりまして……」と平謝り。
    炎上を受け、3月6日に動画はHPから削除された。SUUMOを運営するリクルート住まいカンパニー広報担当の説明。

    「動画は公序良俗に反しないものと取り決めているが、500万件以上ある物件動画をすべて人力でチェックするのは難しいのが現状」

    ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこういう。
    「リクルート側にも、物件を売りたい不動産屋のつくる動画だからおかしなものはないだろうという油断があったのでしょう。
    まあ、まさか包茎の話をアップする不動産屋が出てくるとは誰も考えつきませんからね(苦笑)」

    一番の被害者は、思わぬかたちで“事故物件”となってしまった動画に出てくる一軒家の持ち主か。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170314_501006.html

    映像
    https://youtu.be/zW1eA5ui1lQ?t=205


    【【動画】SUUMO物件紹介動画に「包茎臭い」などの音声が入り炎上!不動産会社謝罪(2)⇒「新しい事故物件だな」】の続きを読む

    yun_6717
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/03/15(水) 07:55:52.84 ID:CAP_USER9
    「絶対ホテル直行やん」
    「泊まりとかなっても、ヒャクパー(100%)せぇへん」
    「包茎、臭いから?」

    ──関西弁の若い女性2人による、ちょっと赤裸々すぎる下ネタトーク。
    これが大手不動産情報サイト「SUUMO」(関西版)にアップされた物件紹介動画の音声なのだから、穏やかではない。

    動画は、大阪府豊中市にある何の変哲もない3階建て一軒家を紹介したもの。
    廊下、洗面所、室内の収納などを1階から順に映していき、見た人はネット上で物件を“内覧”できるサービスだ。

    下ネタトークの音声は、スマホで内覧動画を撮影していた女性スタッフが、
    同時並行でスピーカー機能を使って友人女性と電話をしていたために拾われたものと思われる。

    最初は実家を出るか出ないかといった穏当な会話なのだが、2階の畳部屋に入るあたりから内容はエスカレート。
    動画を撮影中の女性が「男見つけたらいいやん」「絶対ホテル直行やん。爆発やな」と盛り上げ、
    挙げ句は冒頭のように電話相手の女性の高校の先輩男性が「包茎」であることにまで話題は及んだ。

    思わぬかたちで流出した“女子のホンネ”は、ネット上で「包茎臭い動画」として拡散され、大炎上。なぜこんなことになったのか。

    実はこの内覧動画サービスは各地の不動産会社がSUUMOから枠を買ってアップするもの。
    今回の動画を撮影していたのはSUUMOのスタッフではなく、大阪府吹田市の不動産会社D社の社員だった。

    D社を直撃すると、「音声はうちの社員の声で、アップする際の消し忘れです。申し訳ありません。本人もショックなのか今日は会社を休んでおりまして……」と平謝り。
    炎上を受け、3月6日に動画はHPから削除された。SUUMOを運営するリクルート住まいカンパニー広報担当の説明。

    「動画は公序良俗に反しないものと取り決めているが、500万件以上ある物件動画をすべて人力でチェックするのは難しいのが現状」

    ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこういう。
    「リクルート側にも、物件を売りたい不動産屋のつくる動画だからおかしなものはないだろうという油断があったのでしょう。
    まあ、まさか包茎の話をアップする不動産屋が出てくるとは誰も考えつきませんからね(苦笑)」

    一番の被害者は、思わぬかたちで“事故物件”となってしまった動画に出てくる一軒家の持ち主か。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170314_501006.html

    映像
    https://youtu.be/zW1eA5ui1lQ?t=205


    【【動画】SUUMO物件紹介動画に「包茎臭い」などの音声が入り炎上!不動産会社謝罪⇒「スーモはこんな感じの物件動画多いよね」】の続きを読む

    yun_6717
    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/12(日) 11:58:15.53 ID:CAP_USER
    最近よくテレビで、バブル時代に建てられたリゾートマンションが定年退職した層に人気だと紹介されています。
    しかし実際にこのような物件を買ってしまうと、近い将来、大変困ったことになるのは間違いありません。
    (『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

    プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
    姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の
    会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。
    年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

    安ければ安いほど地雷物件。子や孫にまで迷惑がかかるケースも
    憧れのリゾートマンションが安くても、飛びつくのは待った!
    最近、テレビの報道でリゾマン(リゾートマンション)が人気だということがしきりに言われています。
    バブル時代には数千万円した数十平米くらいのマンションが数十万円から数百万円くらいの金額で買えるということで、
    定年退職したサラリーマンを中心に購入して移住する人が増えているとのことです。
    たしかに、温泉がついていたりプールがあったりと設備も豪華ですし、リゾート地なので夏は登山、
    冬はスキーやスノボー、温泉での晩酌と憧れるものはあります。バブル時代にモーレツ社員として頑張った団塊の世代にとって、
    現役時代にはできなかった「リゾート生活を満喫したい」という夢が格安で叶うのです。
    そんなリゾマンが数十万円で購入できるとしたら、飛びついてしまう人もいるでしょう。
    でも、もしあなたのお父さんがリゾマンを買おうとしていたら、家族会議が必要です
    。「現役時代にがんばったのだから、親父の好きにさせてあげよう」などと優しい気持ちで見守っていると、近い将来、えらいことになるかもしれないのです。

    温泉付きマンションが数十万円になっているカラクリ
    なぜ、新築当時は数千万円した温泉付きマンションが数十万しかしないのでしょうか。
    その理由は、マンションの維持費です。リゾートマンションも含め、マンションは購入した後も月々の共益費・管理費、
    修繕積立金など、維持費がかかり続けます。エレベータや温泉、プール、共用施設がある物件であれば、
    維持費はかなりの額になります。維持費が月々3万円だとしても、年間36万円、10年間持っていると360万円かかります。

    また、大規模修繕のタイミングには、数百万円もの莫大な一時金を要求されます。戸数の多いリゾマンであればあるほど、
    大規模修繕の費用も大きくなります。それを月々の修繕積立金で補うのですが、その修繕積立金では足りないために、一時金を要求されるのです。

    なぜ修繕積立金が不足するのか
    では、なぜ修繕積立金が不足するのか。そもそもはじめから修繕積立金が不足する設計になっている場合もあるでしょう。
    でもその理由の大半は、修繕積立金を支払わない部屋があるからでしょう。
    持ち主が亡くなって現所有者が不明の部屋、相続放棄されて所有者がいない部屋、息子が相続したものの年間36万円も支払いたくないと
    支払いを拒否している部屋などがあるからです。
    支払い拒否が続くと、最終的にはその部屋は競売にかけられ、売られた金額から維持費を回収することになりますが、
    売価が数十万円では満足に回収することもできません


    修繕積立金不足のリゾマン所有者を待ち受ける「悲惨な末路」
    (続きはサイトで)
    http://www.mag2.com/p/money/32834


    【負動産】1室1万円も・・・激安リゾートマンションに高齢者の定住者が急増 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1486006845/

    【【不動産】数十万円の格安リゾートマンションを買ってはいけない理由とは?⇒「売れない不動産は実質負債」】の続きを読む

    yun_6717
    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 21:57:49.47 ID:CAP_USER
    http://suumo.jp/journal/2017/02/03/128067/

    野村不動産アーバンネット(株)は、このたび、「住宅購入に関する意識調査(第12回)」を実施し、その結果を発表した。
    調査時期は2017年1月12日(木)~1月19日(木)。対象は不動産情報サイト「ノムコム」会員約178,000人(2017年1月1日時点)。有効回答数は1,339人。

    不動産が買い時かどうかでは、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた
    44.6%(前回比3.5ポイント減)が「買い時」と回答した。一方、「買い時だと思わない」の回答は31.2%(前回比3.4ポイント減)で、
    「買い時だと思う」と「買い時だと思わない」の回答がともに減少し、「わからない」の回答が増加した。

    今後の不動産の価格については、「下がると思う」は27.3%(前回比3.4ポイント減)となり、「上がると思う」の
    回答23.2%(前回比1.4ポイント減)を上回ったが、「下がると思う」の比率が減少したのは、2013年7月調査以来3年半ぶり。
    住宅ローン金利については、「金利は上がっていくと思う」が36.1%(前回比13.6ポイント増)、
    「ほとんど変わらないと思う」が45.7%(前回比13.7ポイント減)、「下がっていくと思う」が4.3%(前回比4.0ポイント減)だった。

    また、現在、持家で売却意向がある方に、「不動産の売り時感」を聞いたところ、「売り時だと思う」「どちらかと言えば売り時だと思う」
    を合わせた71.7%が「売り時」と回答。東京都在住の方に絞ると「売り時」は86.3%となった。
    理由は、「不動産価格が上がったため」が最も多く46.0%、次いで、「住宅ローンが低金利で買主が購入しやすい環境だから」が40.1%だった。

    【意識調査…不動産「今が買い時だと思う」44.6%⇒「不動産屋のステマ」】の続きを読む

    このページのトップヘ